バックも暑さ対策が必要な日本の夏です

今年の日本の夏はどうなってしまったのかとほんとうに心配になりました。

お天気予報で30度を超えても驚きません。もはや「あれっ明日は少し涼しい?」と思ってしまうくらいです。

 

世界の気温を見ても 35度を超えているのは日本や朝鮮半島と熱帯地域の

中東やアフリカで、今日の日本の最高気温は赤道上のシンガポールと同じでした。

こんなときはくれぐれもご自愛ください。

不急の外出は避けて 涼しいお家で・・・梅雨を越えたクローゼットをチェックしてみてください。

気候が高温かつ多湿になっている日本です。

私たちも大変ですが、バッグにも過酷な環境となっているのです。

エナメル素材のもの、バッグの内側に合成皮革を使っているもの。

ショルダーストラップや 革と革を張り合わせたコバの部分の塗装部分など。

実は高温や高湿に弱い部分です。

過去にベタベタになってしまう シャネルのチェーンショルダーバッグ、バッグ表面が溶けたようになるハンティングワールドのショルダーバッグ。グッチのエナメルがペタペタしてしまう。ロエベの内張りがポロポロと剥がれてくる。ルイヴィトンのバケツ型バッグやバニティに使われていた防水ライニングがぐちゃぐちゃ、内ポケットの合成皮革がベタベタ・・・いろいろな症状を見て参りましたが、それは暑くても湿度のそれほど高くならない欧米では問題にならなかったお品物が東南アジアにやってきてこのようなアクシデントを起こしたと言われています。

おおかたのブランドである一定の期間はお申し出があれば無償でお修理や交換を行っていただけていました。

その後、素材の改良で同様のトラブルはなくなっていましたが、

新しい素材を用いたり、塗装や接着の加工材料が変化すると起こる新たなトラブルも見受けられます。

素材と湿度と気温の条件で思わぬ事態にならないように、また日頃はエアコンの効いたご自宅でもご旅行や帰省で長期間留守にされる場合、室内の気温は想像よりも高温になるかもしれません。

湿度の高い梅雨を越えたバッグなどのお品物たちをお時間のあるときにチェックして変化があれば早めの発見ができますように

またこの夏の暑さ対策、気をつけていただきたいことをよろしければご参考にしていただければ幸いです。

エナメル素材は秋になってから

<エナメル素材>

ハイブランドのエナメルは牛革などに光沢のある樹脂コーティングを施したもの。

革そのままの状態よりも 覆われているので強くなっていると思いきやその樹脂は 暑さに弱く、寒さにも弱い。(だめじゃん)

防水性がある。と表現しているかたもいらっしゃいますが水に強いわけではありません。

確かに水がしみこむ事はないですが、濡れたら早めにふき取って完全に乾かしていただきたもの。梅雨の時期に湿度の高い状態が続くと表面のエナメルがしっとりペタつきを感じることがあります。特にご購入されてから時間の経過したものは早いうちにチェックして「あらっ?ちょっと・・・」と感じたら風にあてて乾燥させてください。

単独でベタベタも問題ですが、エナメル同士が長期間接触しているとくっいてしまうこともあります。お財布のように素材が重なる形状のものはふたも開けてカードスロットもチェックしてください。

お品物はどんな素材であっても、しまいっぱなしよりも適度に使ったほうがいいと私は思うのですが

色やけ、変色の原因になる直射日光、ビーチの暑さでくたくたになったり、高温の車内に置き忘れて表面の樹脂が溶けたようになってしまうことがないように、できれば

エナメル素材は気候が落ち着いているときに使うほうが無難かもしれません。

合成皮革は万能ではない

<内側に用いた合成皮革>

バッグの内側や、内ポケットの内側 、お財布のカードスロットの内側、傷がつきやすいところは合成皮革を使う場合があります。

耐久性が特徴ですが、高温と多湿は得意ではありません。

風通しが悪い状態での保管ではベタベタ、時間の経過でクラックのようにひび割れしたり、ぽろぽろと剥げてしまうこともあります。

傷に対する瞬発的な耐久性はあっても、気候や時間の経過の持久的な耐久性はファブリック(布地)のほうが強いようです。

こちらも暑くなる場所での使用は大丈夫ですが、保管は気をつけてください。

コバ仕上げの塗料が溶け出す!?

<ショルダーストラップや縫い合わせの仕上げ部分>

革と革を張り合わせた(縫い合わせた)端っこの部分です。

貼りあわせがめくれてこないように接着材の入ったコーティング塗料を塗りますが、

この塗料が暑さで溶けてくる場合があります。 これが溶けるとほんとうにやっかいです。

接着剤と塗料・・・想像しただけで大変そうです。バックやお洋服に付着して汚くなります。

あれっ。なんだかぺたぺた?? してる?そう感じたら 早期発見、対応が大切です。

2014年あたりのルイヴィトンの限定品でカラーのコバを使った商品でこの現象が多数見られています。

キャラメルのように溶けています。

こちらはルイヴィトンの「ノエフル」です。 このような症状が見られたら早めにルイヴィトンへご相談ください。フランスのアトリエでの対応になるようで、お時間はかかりますが塗りなおししていただけると思います。

汗や日焼け止め

<使ったものには汗や日焼け止めが付いています>

夏に使用するものはどれも汗がついてしまいますが、

特に気にしていただきたいのはハンドバックのハンドル、腕時計のベルトです。

バッグを持った手のひら、腕にかけたときも、汗や女性のかたならお出かけ前に塗った日焼け止めも付いています。この時期は外出しない限り避けることができません。

バックはハンドルにスカーフを巻いておくのは見た目だけでなくハンドルをきれいに保つためにも一石二鳥の素敵なアイデアです。

時計のベルトも同様です。

ベルトにはラバーやレザー、メタルがありますが、いずれも使用の後は汗や汚れを気にしてください。

メタルベルトの場合コマとコマの間は見えにくいので忘れてしまいがちですが、汚れが入り込んでしまいます。ケアしずらい場所ですので最悪の場合は雑菌の繁殖も想定できます。

こまめに拭いて普段より念入りにケアをしてください。

ネックレスやブレスレットも同様です。家庭用にお手ごろな価格で超音波洗浄機が売られていますので1台あると便利です。

(エメラルドやパールなどは使えない機種もありますので使えるものと使えないものを取扱い説明書でご確認の上ご使用ください)

<家庭用超音波洗浄器>
超音波で隅々まで洗浄。時計のホルダーも付いています。

(エメラルドやパールなどは使えない機種もありますので取扱い説明書でご確認の上ご使用ください)

車内の置き忘れは絶対禁物です。

ご承知のとおり、走行中はエアコンの効いた快適な空間でも、エンジンを止めてしまうと日差しの強い日は驚くほど高温になってしまいます。

ロードサービスJAFの実験によると気温35度でエンジンを止めた車内は4時間で60度、ダッシュボードで80度になるとのことです。 →JAF

サングラスは専用の断熱ケースを購入する、コンソールボックスにしまう。など夏場は気をつけてください。

サングラスだけでなく、ポーチ、キーケース、コインケースなども暑い日にはくれぐれも車内に置いたままにいたしませんようお気をつけてください。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お買取はセブンヨークへお任せください

無料宅配買取キットお申し込み
Top