新しくなるRimowaにさらなる期待と楽しみ

個人的なお話しで恐縮ですが旅のバッグを買い替えようとかなり前からいろいろとチェックしておりました。

決めかねている、その間に旅先で他のかたのバッグをたくさんリサーチすることができました。

旅のバッグのはなし はこちら

このところアジア系の人たちに人気なリモワです。日本でもサルサをはじめ使っているかたを多く見かけますが、マカオに行きました時には中国系のかたのリモワ所有率がダントツで高いと感じました。

急激な人気の理由は?

特にモデルチェンジをしたわけでも、新商品が出たわけでもありません。

人気が高まった理由はどこにあるのでしょう。

2017年にLVMHの傘下になりました。グループの一員になってからというものパブリシティが格段に上手くなりました。メディアでの露出が高くなり、これまで知らなかった人たちにも知られるようになり、広告の写真もファッショナブルに洗練されて既に認知されていたかたにも再評価されたのではないでしょうか。

ルイヴィトンつながりでシュプリーム、同じLVMHグループのフェンディ、オフホワイトとのコラボモデルの発売です。

話題提供にお休みがないのです。

横のつながりで一流ブランドと一流ブランドの結晶ができるところは私達消費者にとっても嬉しいところ。

私はフェンデイもリモワも大好きなブランドです。最高の品質のアルミ旅行バッグとフェンディのエッセンス。願ってもないいいとこ取りです。

120年の歴史を持つ確かな品質にファッショナブルな感性が加わって、知名度と好感度が一気に高まった感じがひしひしとあります。

そして販売ルートが代理店から直営化されることによって価格の安定が図られています。

以前は海外から平行輸入された品が日本国内でも多く販売されていました。

為替レートやそれぞれの国によって違う価格の差を利用したものですが

直営店化されることによって世界中の価格差がコントロールされて、他国での再販による利益を得ようとする販売を防げるようになりました。

リモワジャパンへ

以前はネットのショッピングモールなどで国内の定価よりも20%以上お安いものがたくさんありましたが現在はすっかり姿を消しています。

並行輸入がなくなったわけではありませんが、魅力的に安いものがなくなり、「少しでも安いほうがいい」というユーザーと「この程度の価格差なら直営店で買おう」 というかたのボーダーなラインです。

価格が守られることはブランドの信頼が保たれます。
同じお品物が地域の差がない場所で安いものと、高いものがあると直営店での定価への信憑性が薄れることになりかねません。

私達消費者にとっては直営店以外で安く買うという選択肢がなくなってしまうのは
当初、お得な買い方ができず残念な感じがいたしますが、健全化された買い方で、ブランドの信頼が保たれるということは長い目で見て購入したお品物の価値も色あせることがないわけです。

メンテナンスやリペアサービスの点でも一元化されると「どこでいつ買った」かは問題ではなくなって、どこかで買ったお品物も、どこでもサービスが受けられるということも期待できます。

日本においてもこれまでの販売代理店であった「株式会社林五」での取り扱いが2018年6月で終了して直轄の 「リモワジャパン」に移行されました。

横浜元町店、大阪ヒルトンプラザ、名古屋栄店の3店舗はクローズされ、林五さんが運営していたオンラインショップも終了してしまいました。

林五はライセンスで商品を作っていたわけではありませんが、三陽商会の「バーバリー」を思い出してしまいそうです。

リペアの点もかっての代理店制のもとでは海外での購入品や平行輸入で購入された製品の国内でのお修理を受け付ける。受け付けないなど問題があった時期もありましたが

これからは現地法人の直営店ですから、いづれのお品物でも対応していただけるとのことです。

お修理に関して

<配送でのお修理>

窓口は大阪のみになります。事前に電話で問い合わせをして発送してください。

大阪府八尾市南木の本2-19 RIMOWA クライアントサービス大阪 072-994-8845

 

<店頭での対応>

東京は銀座店と表参道の店舗にクライアントサービスが併設されていますのでお持込での対応をしていただけます。
簡易なお修理であれば即日の引渡しも可能です。

東京都中央区銀座1-3-3 東亜ビル4F  RIMOWAクライアントサービス 東京 銀座 03-3562-8845

営業時間:10:00~18:00 ( 休日:土日祝、年末年始 )

 

東京都渋谷区神宮前5-8-2 RIMOWAクライアントサービス 東京 表参道 03-6433-5085

営業時間:11:00~20:00 (休日:不定休)

2018年新しいリモアへ

変化のスピードが速くなっています。

2018年1月にはブランドロゴを刷新することを発表しました。

これまでのロゴからシンプルなものに変わりました。国内のストアでもお店のサインは新しいロゴになっていますが
2018年8月現在、日本国内に入荷の商品はまだ旧タイプのロゴで、これから順次入荷分で新しいロゴに変わってくるようです。

フェンデイとのWネームも2017年に発売された分は旧ロゴですが、2018年に発売されたチャームのついたイエロー、レッド、ブルーのカラーモデルは新しいロゴになっています。

商品のネーミング、商品デザインの一部変更も発表されています。
またアタッシュケースやブリーフバッグなどの小型モデルは廃盤が決定されています。
それに伴い価格の改定も予定されているようですので、旧モデルでもお値段の安いほうがよいというかたは在庫の残りがわずかになってきていますのでお早めにお問合わせしてみてください。
新しいロゴのタイプをご希望の方は国内においてはこれから。あと少しお待ちいただくことになるようです。

これまでのロゴ

新しいロゴ

RIMOWAを国内でお求めいただけるところ

林五さんのときにはオンラインショップがありましたが、残念ながらリモワジャパンではオンラインショップができていません。確実に出来てくると思いますが、現在は全国7か所のリモワストアもしくは百貨店、セレクトショップの売り場でお求めいただくかお電話でのご注文、配送となっております。

<RIMOWA ストア>

・東京 銀座1丁目    東京都中央区銀座1-4-8  03-5524-8845
・東京 銀座6丁目    東京都中央区銀座6-8-19  03-6264-6527
・東京 丸の内       東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階  03-5224-3377
・東京 表参道      東京都渋谷区神宮前5-8-2       03-6433-5037
・ 大阪 心斎橋     大阪府大阪市中央区南船場4-4-10  06-6224-0890
・ 神戸        兵庫県神戸市中央区京町77-1   078-392-8845
・福岡         福岡県福岡市中央区天神2-4-16      092-736-8845

 

西武池袋本店
小田急新宿西口ハルク
新宿髙島屋
日本橋髙島屋
松屋銀座
インターナショナルギャラリー ビームス
西武渋谷
横浜髙島屋
名古屋三越栄
ジェイアール名古屋髙島屋
仙台三越
京都髙島屋
うめだ阪急
あべのハルカス近鉄本店
大阪髙島屋
Omotecho Style Store by TOMIYA
アトラクトラルゴ店
広島そごう
博多阪急
丸井今井札幌本店

LVMH傘下になって成長しないブランドはありません。ショーメ、ロエベ、セリーヌ、ケンゾー・・・広告や販売戦略、デザーナーの起用。計り知れないメリットです。リモワのこれからがますます楽しみになっています。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お買取はセブンヨークへお任せください

無料宅配買取キットお申し込み
Top