お買取り店がお勧めする「使わないなら早めに決断したほうがいいお品物」とは

今年も素敵な新作がお店に並びます。毎シーズン増えるお洋服やバッグ。

保管できる空間があるならば無理に整理しなくてもいいことかもしれませんが、たいていのかたは保管場所に限りがあるかと思います。

無制限に増やし続けることはできないので、時おり選別しつつ整理していかなければいけません。

1枚買ったら1枚処分する。

それを実行していれば増えていかないはずなのに、なかなかできず増えていく。

私も気がつくと、すっかりハンガーラックが窮屈になっています。

着ていないのに処分できない。

そのようなお悩みをお持ちのかたも多いかと思います。

いつかやろう。 時間がない。

やる気になればいつでもできる。と思っていませんか?

いつでもできる。は脳科学的にクリエイティブ・アボイダンス(創造的逃避)やらないための言い訳かもしれません。

もし整理したいを思っているようでしたらご参考にしていただけると幸いです。

整理の選択肢はシンプルですがそれができない

整理する際は 「残す」 「処分する」 のいづれかですが、

見事に淡々とできるかたと、なかなかできないかたがいらっしゃいます。

(迷いはないけど、ただただ時間がない。というかたは別です)

買ったばかりでも 思っていたのと違う。→ 必要ない。→ 「処分」

と冷静かつ迅速に判断を下すかたもいらっしゃれば

(判断の早い人は処分の行動も早いです)

もう何年も着ていないのに、「着るかも」 「高かったから」 といつまでも判断できない。かたもいらっしゃいます。

すぐ決断できる人が正しいとか、決断できない人が物を大切にするとか

価値観や性格 人それぞれですから どちらが正しいということではなくどちらも尊重されていいと思うのです。

ただ私が個人的に思うには 管理できない(存在すら忘れている、きちんと収納されていない)状況はNGかな。と思うのです。

着ていないけど処分できない。

 

みんな あるある ですからご安心ください。

それは 「使う」=「残す」  「使わない」=「処分する」 の白か黒だけでなく

「使うかも」 とか 「使わないかも」 とかグレーが出てくることです。

「2年使わなかったらほぼこの先も使わないわよ」 といわれることがありますが

ポイントカードの有効期限のように過去2年間ポイントに増減がありませんでしたので失効されました。

となってくれたほうが判断に困らなくてすっきりできるかもしれません。

「使わないかもしれないけどもしかしたら使うかもしれない」と残したグレーカテゴリはまたしばらくしてからジャッジしてみますが

ごくまれに「おーーっ処分しなくて良かったぁ」と思うものがあるかもしれません。

これを繰り返しながら 本当に 「もう使わない!」と思ったものだけ処分すればいいのです。

でも このやりかたでは 私どもお買取りしている立場からすると

「もったいない」 「もう少し早ければ・・・」と思うこともしばしばなのです。

お買取を仕事にしている私ですら 自分のことに置き換えると わかっているけど決断できない。ということがままあるのですから

ベストなタイミングで処分できることのほうが稀有です。

私どもではお買取りをさせていただいていて、お客様から整理のお話しやコツをお伺いすることがあります。

【服(ふく)=福にかけて お洋服は捨てたらダメ。 靴(くつ)=苦痛にかけて 靴は捨てていいの。】

【そのお品物が今もお店に並んでたら「買う?」と自分に問いかけたときに 「YES」なら残す。 「No」なら処分するの。】

【気に入ったものだけを着ていたいので、インナー以外は3年以上持ち越さないと決めてます。】

お見事なマイルールです。

またご相談ごとをお伺いする場合、できる限りのお手伝いをさせていただけるように努めております。

クローゼットの整理に役立てることを願いまして お買取り専門店のスタッフが整理上手と感じる 「使わないなら早めの決断をしたほうがいいお品物」 をご案内します。

【色の薄いもの】

アイテムの如何にかかわらず、生成りやホワイト、お色の薄いものは保管の期間を長くしないことをおすすめします。
デリケートなお色ゆえまわりから見てもさわやかでおしゃれ度高いアイテムです。

コットンのブラウスは別として、きれいなままを保つのは気配りが必要です。最初から寿命は長くないと思っておいたほうがよさそうです。

お洋服だけでなく、バッグや皮革小物なども使わないまま保管中の時間経過で色やけや素材によっては変色することもあるくらいですので
使わないと思ったら保管のリスクは最小限にして整理の決断は早いほうがよろしいかと思います。

【ストレッチ素材のもの】

素材にスパンデックス、ポリウレタン と記載があれば 収縮性のあるストレッチがきいたお品物と推察します。
以前に比べて耐久性は高くなりましたが、着用しなくても時間の経過で生地は劣化してきます。

ゴム引きのコートや、ゴム留めになっているバッグ、パンプスのストラップにゴムを用いてあるものも同様です。
メーカーも長期使用は想定していませんので、メンテナンスの対象から外れてしまう場合もございます。「いつか使うかも」と保管期間は長く考えないほうがよろしいかと思います。

【携帯電話や電子機器のカバーやアクセサリー】

年々進化をしていくお品物、仕様の変更もたびたび起こります。
新しいものが発売されるとサイズが変わって使えなかったり、不必要になったりいたしますのでカバーやストラップ、ジャックなど。新機種情報が出る前にこまめに処分していくとよいでしょう。

 

【トレンド感の高いブランドやデザインもの】

もし処分する際に「売る」ことを考えているのでしたらデザインの変化が激しいコレクションブランドのお品物やトレンドキーワードになるようなデザインのお品物は早めの決断をおすすめします。

毎年繰り返し発売されている「定番品」のお品物はセールの対象外であったり、アウトレットでお見かけすることもありませんので整理を決断するのは先延ばしでも大丈夫です。

毎シーズン刷新されるブランドはシーズン毎の勝負です。今シーズンは新作として着たアイテムも、半年後には次のコレクションの展開がはじまり、3ヶ月前の週刊新潮のようになってきます。消耗品のように流れるコレクションブランドのお品物はお買い求めの時のお値段が高くても、耐用年数が長いと限りません。できるだけ早いほうが得策です。

【買ったばかりの品】

これはいちばん決断するのにハードルが高いところかと思います。

買ったばかり、着ていない・・・でも「似合わなかった」「思っていた感じと違っていた」「サイズが合わなかった」そんな時。

もしかしたら数ヵ月後にもう1度合わせてみたら 「あぁいいじゃん」 に変わるかもしれませんが、

もしそのお品物がお店でまだ販売されているような状態であれば、それを買おうと思っている人に定価に近いお値段で買っていただけるかもしれません。

定番品なら変動は少ないですが、一般的にはお買取りの価格がいちばん高くなるといえます。このタイミングは逃さないほうが良い場合が多くあります。

「これはいくらぐらいになるの?」  「どうしたらいいかしら?」

迷ったらどうぞお気軽にお問合せくださいませ。

0120749746


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お買取はセブンヨークへお任せください

無料宅配買取キットお申し込み
Top