英国ブランドのコート バーバリーとマッキントッシュ

今年のコートを探しています。

去年は厳しい寒さと大量の降雪にとうとうダウンのロングコートを冬になってから買いました。

完全に実用本位で必要に迫られて買ったのですが、今年の冬は暖冬といウワサも聞こえてきます。

今年はクラシカルな上質な大人のコートもいいかしら。と思って思い浮かぶのは
やはり「バーバリー」です。

三陽商会との提携を解消した本家バーバリーは私の中でややヒールな印象でしたが
ランウェイのスチールを見ると「日本産のバーバリーとはやはり違う。」
製品化されたのものを見るとアジア人寄りのものもありますが、ランウエイでは
ヨーロピアンテイストになっていて素敵な感じです。

ビヨンセの衣装提供までしていて さすがはご本家。と思いつつもここまで攻める!?と驚いてしまいました。

そんな矢先バーバリーが余剰在庫を焼却処分した ことを批判するニュースが入ってきました。

既にご承知置きかと思いますが、2017年バーバリーがブランド保護のために衣料品やアクセサリー、香水など
2860万ポンド(約41億8000万円)相当の売れ残り商品を処分していたことが分かり、過去5年に処分された製品は9000万ポンドになるという。
焼却などで環境汚染がないように配慮したということでしたが、問題はソコではなく資源のムダ、更にファーやレザー製品も含まれていたので動物愛護団体からも非難を浴びることになったとのこと。
それでも利益が出ているというのは、そもそもの価格設定が高すぎるのではないか?と記事には書いてありましたが、それは余計なお世話で。笑
バーバリーでは今後はこのような処分をしない。そしてファーも使わない方向へ転換していくと宣言されたそう。

それは良いこと。と思いながらも、どうしても出る余剰在庫はこれからどうなるのかと思っていたら
困窮するかたの元へ「寄付」とか書いてありました・・・ええっ?
セールやアウトレットで販売して、ファクトリー、ファミリーセール、それからタグを切ってブランド名をわからなようにして1箱いくらの流通へ。
胸や裾にロゴのプリントや刺繍が入っているような品は「寄付」となるらしい。

正規の価格で購入したものが、アウトレットで半額で売られたり、ファミリーセールなどから流れてくるものを完全に止める事は
できないのでブランドの価値はどうしても下がってしまう。それを阻止するための廃棄処分は必要悪などと言っている時代ではないらしい。

マッキントッシュ

同じくイギリスのコートがメインの老舗ブランド「マッキントッシュ」

マッキントッシュは もともとゴム引きキャンバスの素材の名前で、1800年代にマッキントッシュの創始者によって
開発されたその素材は防水性に優れ画期的で軍用コートなど広くヨーロッパ中で使用され
それから今日までも変わらずコートを作っています。

エルメスも30年前くらいは マッキントッシュの素材でコートを作っておりました。
私も愛用していたことがありますが、張りがあって崩れない軽くて風、雨に強いコートでした。
素材が合せ擦れる時は音がするくらい硬い素材感がたまらなく心地よいものでした。

現在のマッキントッシュはゴム引きのマッキントッシュコートだけでなくウールやカシミアのコート、
多くはありませんが媚びないニットやシャツも展開しております。

不朽の名作であるゴム引きののコートをまた着てみたくなりました。

日本国内では八木通商が正規代理店で、全国のセレクトショップで販売、東京・青山/銀座に直営店舗もあります。

MACKINTOSH WEBサイトへ

ライセンスのマッキントッシュ

そのマッキントッシュのテイストを受け継いだ 「マッキントッシュ ロンドン」と
セカンドラインの「マッキントッシュフィロソフィ」は
あの(失礼ですね)三陽商会がライセンスで製造して全国の百貨店で展開しています。

また!! (これまた失礼ですね) ライセンスですか。

本家の「マッキントュシュ」は完全にコートを主軸として、他のアイテムはあくまでも添え物のような
頑固な職人気質を感じさせますが

ライセンスの「マッキントッシュロンドン」はコートを中心としてさまざまなアイテムを展開しています。
コートも本家のいいところを備えてお求め安い価格設定になっており、ブラウスやニットなどのウエアも
トラディショナルと現代が程よくブレンドされた選びやすい感覚になっています。

MACKINTOSH LONDON (三陽商会) WEBサイトへ

セカンドラインの「フィロソフィ」に至ってはかなり優しいイメージでチェックも加わり頑固な伝統も希釈されています。

MACKINTOSH PHILOSOPHY(三陽商会) WEBサイトへ

三陽商会のバーバリーロンドン、ブルーレーベルのなきあと全国の百貨店で展開されていますので、
一般層に浸透され「マッキントッシュ」の知名度は高くなったこととは
思いますが、ブランドのイメージが高くなっているかはいささか不安が残ります。

老婆心ではありますが 2019年のライセンス契約の更新の行方を見守りたいと思います。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お買取はセブンヨークへお任せください

無料宅配買取キットお申し込み
Top