パッチテスト

以前に 金属アレルギーのことについて書かせていただきましたが

ブランド品のアレルギー

 その時に どうやら私も金属アレルギーらしい。と

発症してからというものは ピアスもネックレスも気をつけて身につけるようにしています。

というもの

いったいどの金属がダメなのかハッキリしていないからなのです。

ピアスが原因で耳たぶが赤く腫れあがってしまった過去に

皮膚科の医院へ行った際には 飲み薬と塗り薬をいただいて 

対処法の診断は

「安いアクセサリーは身につけないこと!」という

なんとも太っ腹な診断だったのです。


「なるほど・・・」

「でもぉぉ 何がダメで 何が大丈夫なのか知りたいよぉぉ」

85%納得 15%「えーーー」という感じでした。




セルフチェックできるテストキットはないものかとネットで

検索していてわかったことが

パッチテストをせず 太っ腹診断した私の皮膚科の先生は偉い!ということです。

社会保険を使う前提でしたら アレルギーのパッチテストを行うには

それなりの必要とされる理由がなければいけません。


「どんなアクセサリーが合わないか~」 なんていう甘ったれた理由で

社会保険を使えるわけがありません。


「安いアクセサリーは使うな!」 もっと短くして 「疑わしきものは使うな!」

保険医として見事な診断です。

知りたいのなら 全額自己負担の自由診療でやっていただけばいいわけです。


医者に「自分の持っている指輪や他の人から借りていろいろな素材で試してみて

かゆみや腫れの症状が出たものは使わないように」言われた。と

どなたかがネットに書き込みされていました。

まさにセルフ検査です。


結局ネットでセルフ検査のパッチテストは見つかりませんでした。

毛髪を送ると体内の重金属蓄積量を測定してくれる

「ミネラル毛髪検査キット」

が見つかりましたが、どうやらこちらは蓄積されている金属がわかるもので

アレルギー症状がでるかどうかはわからないようです。


お魚好きの人には体内の水銀蓄積量が多いと聞きますが

この検査では水銀、鉛、カドミウム、砒素など6種類の有害金属の蓄積度や

カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛などの必須ミネラルの過不足をチェックできます。

そして検査結果に基づき、必要なミネラル・ビタミンのアドバイス、

並びに食材・献立・有害金属排出法のアドバイスを行ってくれます。

金属アレルギーによる症状はアクセサリーなどの能動的なものだけでなく、

ナッツ類やチョコレートやココアに多く含まれている食品からや生活環境、

歯科治療やエステで使われる器械などから体に取り込まれているものがあり、

アレルギーの自覚がない人も体調の不調や原因がわからない湿疹やかゆみの原因が

もしかしたら金属によるものかもしれません。

↑食品に含まれている金属




歯科治療の材料で口の中で溶け出して体内に取り込まれて、アレルギーの原因になっていることが

多くあることがわかっています。

今回歯科治療をするにあたって金属アレルギーらしい。と歯科医師に伝えると

皮膚科でパッチテストを受けてどんな金属のアレルギーを持っているか調べてくるように言われたのです。


そのため 今回 パッチテストを受けることになりました。

費用は 自由診療の全額負担で8,000円~12,000円くらい

社会保険利用の30%負担で 2,000円~4,000円くらいになるかと思います。


自身のこれまでの体験から予想を立てておきますと

・メッキされたものはほとんどダメ。

・プラチナは大丈夫のよう。

・シルバーは大丈夫なものもあればダメなものもある。
(ティファニーのものはどれも大丈夫)

・ゴールドは大丈夫なものでもダメになるときもある。



パッチテストは体に対象金属を直接貼るわけですので 

調べようとしている金属を体内に更に入れる

反応が出る=かゆくなる

正直 き、き、危険です。

調べる対象は18種類。
1、塩化アルミニウム
2、塩化コバルト
3、塩化第二スズ
4、塩化第二鉄
5、塩化白金酸
6、塩化パラジウム
7、塩化マンガン
8、塩化インジウム
9、塩化イソジウム
10、臭化銀
11、重クロム酸カリウム
12、硫酸クロム
13、硫酸ニッケル
14、塩化亜鉛
15、塩化金酸
16、硫酸銅
17、塩化第二水銀
18、白色ワセリン

1回目 通院

これを背中に貼りました。
2日間貼っている間はお風呂は禁止。汗もかかないほうがいいらしい。
検査は夏には不向きです。

はがれるといけないので補強のために貼った絆創膏のためか
翌日からかゆみがはじまりました。

・・・激しくかゆい。
でも 全面を覆われているのでかくことはできません。
拷問のようです。

2回目 通院


(シートを貼って2日目)
検査シートを剥がしてもらいました。

看護婦さんが「あらぁ~13番はたぶん確定ね。かゆいでしょう」

数箇所赤くなっていますが №13のニッケルがひどく赤くなって腫れも出ている状態。

№6 ・・・+-
№13・・・++
№15・・・+-

シートを剥がしたので それぞれのアレルゲンの位置がわかるように
医療用ペンで番号とエリアの印を書いてもらう。

3回目 通院

(シートを貼って3日目)
時間が経過してから症状が出てくる場合もあるので経過観察です。

さらに13番がひどい状態だったのでお薬を塗ってもらう。

№6と№15の赤みは残っていますが、ほかの赤みは引いています。

相変わらず背中は激しくかゆいですが
シートを貼っていない皮膚のやわらかい部分
二の腕の裏側のあたりや首の後ろあたりにもかゆみが出てきました。

次は検査スタートから1週間後の来院で結果です。

4回目 通院


(シートを貼って7日目)

診断結果

 アレルギー → ニッケル

 擬陽性 → 金・パラジウム となりました。

今日現在、最初の来院から2週間経過して

背中のかゆみはなくなりましたが

首の後ろなどのかゆみがおさまりません。(泣)



体を張って受けたパッチテストですが

とりあえず、いまだつらいですが 原因金属がわかってよかったです。


ニッケルはアレルギーが起こりやすい金属。

・どんな製品に使われているか。

・これからどうする私

・なんとかできないのか   を探ってみたいと思います。






コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

お買取はセブンヨークへお任せください

無料宅配買取キットお申し込み
Top