2015年 エルメスの刻印は「T」

エルメスの皮革製品には 作られた年代を示すアルファベットの刻印がされています。

  ➤刻印に関してのコラムはこちら

ルイヴィトンにもある製造番号の解読もそうですが、メーカーサイドが公表したことではないので

あくまでも仮説になるのですが、既に周知の事実となっています。

このことに関して店頭でエルメスのスタッフのかたに尋ねても、あまり心象がよろしくないので

避けておいたほうが無難です。

同じ新品のお品物であれば 3年前に作られて箱の中で眠っていたお品物よりも

工房からできたてのものを選びたくなるのは誰でもかと思います。

2014年は 四角の中に「R」の刻印でした。

エルメスの刻印が切り替わるのは3月頃からです

「R」刻印の最終あたりから 四角がなくなってしまいました。

エルメスの刻印は 年代を表すアルファベットのほかに

工房、作った職人さんを表す記号も入っています。

(当然ですがエルメスは ハンドル担当とかクロア担当など流れ作業で作ってはいません。
ひとりの職人さんがひとつのものを完成までこなします。)

どうして四角がなくなったかは不明です。

これまで四角や丸で囲まれたアルファベットが

年代を示す記号だったのでとてもわかりやすかったのですが

職人さんの記号と混じってわかりにくくなってしまいました。

2015年は 「R」 の次なので 「S」 となるはずですが

2015年は セール品であるソルド表記の S と紛らわしくなって

しまうことから「T」になっています。

理由は公表されているわけではありませんので、あくまでも憶測ですが・・・


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お買取はセブンヨークへお任せください

無料宅配買取キットお申し込み
Top