知っているとお得なリペアサービス

ルイヴィトン財布

ブランド品の魅力のひとつに お修理の体制が整っているという点があります。

使用していて何かトラブルが起こっても対応してもらえる。

(たとえ有償であっても)

それはお気に入りであれば末ながく、安心して使える。ことになります。

それゆえ私どものようなリセールショップが成立する扶助にもなっています。

最初にお買い求めいただく際は 「お値段高いな・・・」と思われても

もしもの時の保険料が含まれていると考えればご納得いただけるのではないかと思います。

私どもではお修理の必要なお品物でもお買取りさせていただいておりますので

たくさんの経験からお修理代金のおおよそを知っておりますが

「ええっ」と感じるほど安価で済む場合と、「えぇっ」と想像以上に高額になる箇所があります。

お修理を依頼する場合、製品をお預かり後にお修理代金のお見積もりをご案内いただけますので

その金額を確認してから依頼を依頼するか判断することができます。

お修理が仕上がってから「こんなにかかるの!それならやらなかったのに・・・」となってしまう心配はありません。

知っていると嬉しいルイヴィトンのお修理

ルイヴィトンのお修理で 予想外に安価なリペアをご紹介します。

これは 知ってるとお得感があります。

もうかなり使ったし。高いお修理代を払って直してまで使う。までもないかな・・・と考えてみたものの

でもそれが 0円でお直しできるとしたら!!

直して使うかもとなるかもしれませんね。

頭の隅に入れて置いてください。

先ず、ボタンのお修理。

一言で「ボタン」と言っても それはそれはたくさんの種類があります。

コレクションラインや限定品の場合は ボタンもデザインされて凝ったものがあったりいたしますが

ごくごく定番のもの。と想定してください。

ボタンは凹と凸のセットで使われますが

それぞれを生地の表からと裏から2つのパーツで挟み込んで付けられています。

合計4つのパーツで構成されています。

付けられている状態をご覧いただいて

下のパーツが見えるようであれば

お修理をルイヴィトンの直営店の店頭にお持ちいただくと

店内のディスプレイなどを見つつお待ちになっていただいている間にスタッフのかたがバックヤードで

新しいものに付け替えてくれます。

(店頭が混雑してるなどで後日になる場合もあり)

そして 更に嬉しいことに「無料」 です。

お財布を出すことなく、

「これからもたくさん使ってくださいませ。」 と笑顔で見送ってくださいます。

キーケースの外側のボタン

金色でしたがメッキが剥げて下地が現れて

白っぽくなっています。

ごく定番のボタンです。

ボタンの裏側

裏側を見ると

とび出ているので ボタンの凸

表のパーツと下のパーツで生地を挟み込んで留めています。

このボタンは店頭で ささっと 付け替えていただけます。

キーケースの受け側のボタン

こちらは先ほどのボタンの受け側。凹んでいます。

受け側スナップボタンの下のパーツは内側に入っているので

裏返してみても姿が見えません。

ボタンがゆるくなるのは 大概こちらの部分の中心にある2本のばね棒が屈折することが原因です。

下のパーツは内側

下のパーツは内側なので見えません

受け側の凹ボタンは ダミエキャンバスと裏側の型押しレザーを2枚合せた

内側に下のパーツが入っているため下のパーツが見えません。

この場合の凹ボタンは外周のステッチをはずして

ボタンを付けなおし、その後ステッチをかけなおさなければいけないため

店頭ではお直しすることができずにお預かりになってしまいます。

店舗からリペアサービスに送られて3週間ほどのお時間がかかってしまいます。

ひとつのボタンの上下、見た目は同じボタンのように見えますが、付けられかたにより違いが出てきます。

こちらは1000円くらいですが 「有料」になります。

ネヴァーフルのビス

裏返してみると・・・

下のパーツが見えます

こちらのビスは 裏側のパーツが見えますので店頭で交換してもらえます。

スピーディやキーポル

しばらく使っていなかった。

久しぶりに出してきたらハンドルと本体を留める根付のビスにミドリ色のカビ!!!!

ご安心ください。 カビではありません。

このビスの素材は真鋳のため 銅が酸化して「緑青」を発生させています。

この緑青は クレヨンのようなかんじです。 粘度がありバッグヌメ革や裏地のキャンバス部分や

はたまたお洋服などに付くと若干面倒なことになりますので 見つけたら取り除いてください。

(昭和の時代はこの緑青は猛毒と言われていましたが根拠のないことがわかっています。)

話がそれましたが

こちらも 裏返すと・・・

後ろのパーツが見えますので 店頭で交換してもらえます。

久しぶりに出してみたバッグのビスに緑青が浮いてきたら

長い時間が経過しているということですので

お近くのルイヴィトンへお出かけになってビスの交換をお試ししてみてください。

お待ちになられている間に♪ 新作のバッグやお財布

季節のスカーフ などご覧になられるのも良いと思います。

きっと 素敵なめぐり合いがあることと存じます。

 

 

 



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お買取はセブンヨークへお任せください

無料宅配買取キットお申し込み
Top