CHANELのお修理について

シャネルのリペアは神対応!

シャネルの商品といったら何を思い浮かべますでしょうか?

CCの象徴的なバッグ?  ランウエイを歩くモデルのツイード?  ネイルやルージュの化粧品からダイヤを施した時計やファインジュエリー、世界に1着だけ注文ドレスのオートクチュールまで。
その価格帯の広さは驚くものです。低いほうは私にも当てられそうですが(コスメコーナーでのコットンボックス1000円♪と予想) 高額エリアははるかに遠くで私には想像すらつきません。

 

今回はシャネルのお修理の話です。

お財布のファスナープルが取れたよーーー とか ピアスのラインストーンがひとつなくなった。 とか正直そんなレベルでお修理というのは高額エリアでお買い物をしていらっしゃる顧客様たちにとっては未知のこと。 「シャネルのお財布?初めて見ましたわ。引き手が取れましたの?それでは使えないですわね。まぁ?なぜお捨てににならないの?」となるかもしれませんが、シャネルは心が広く、そのようなお修理でも丁寧に対応してくださいます。

俯瞰でみると神対応にすら思えます。いやいや 商品を販売している以上その製品に責任を持つことは当然のこと。

 

お手頃な商品を一切作らず、一般民に近寄ってこないブランドもありますが、シャネルは キーホルダーやCCマークひとつだけのネックレスも作る「みんなのシャネル」なのです。お修理の相談も安心してお願いできるようになっています。

ここまでは少しふざけてしまいましたが、国内にリペアセンターを持つシャネルです。
いわゆる職人技を使う刺繍やビーズを付けるなど特殊な技術を必要とするものはフランスのアトリエでのお修理となると思いますが、在庫を備えているパーツ交換やステッチのかけ直しなどの一般的なお修理は日本国内で対応できる体制になっています。

 

シャネルの製品と使っていて不都合がでてしまったら・・・可能ならお修理してもらいたいですよね。

どんなお品物も、基本的にはお求めになられたブティックにご連絡して担当のかたに見ていただく。お買い物のついでにお修理のお話も・・・が自然な流れで、そのお品物がいつお買い求めになられたかなどの履歴も残っているはずです。ですが、最近はお買い物していない。海外旅行に行った時に海外の店舗でお求めになられた。いただいたお品物だった。オークションで落札したお品物。そんな理由からそもそも国内で行きつけのブティックがない。こんな時にはお修理だけでブティックを訪れるのは敷居がちょっと高いですよね。

安心してください。 シャネルはオンラインで受け付けしてもらえます。

このようにオンラインで受け付けをはじめたのは、店舗でのお修理受付による時間のロスを防ぐためではないかと思われます。シャネルの店頭ではシャネルの魅力を伝えるための商品知識を持った接客のプロフェッショナルな販売員さんがスタンバイされているのに、つまらない(おっと失礼)簡易なお修理のお客様の対応にお話をお伺いして、伝票を書いて、お修理についてご説明する時間と労力はもったいなさすぎます。お客様にも、シャネルにとってもWinWinな状況です。

ただし、どんなお品物でも、どんな状態でもお修理ができるわけではありません。お修理できる具体的な項目が明記してあるわけではないので定かではありませんが、

とりあえず

・ハンドバッグ
・スモール レザー グッズ
・シューズ
・コスチューム ジュエリー
・サングラス(度付きレンズは対象外)
・ウォッチ
・ファイン ジュエリー
・その他のアクセサリー

上記はオンラインでのお修理の対象となっております。除外されているものは プレタポルテ、ハイジュエリー、フレグランス & ビューティー となっております。

当然のことながら、シャネルのお品物であること。またシャネルの製品であっても改変を加えられたもの。は受け付けてもらえません。

そしてリペアは形が変わるようなリメイクではないこと。製品の交換が全体に及ぶようなものでないこと。は基本です。

どんなことができて、どんなことができないかは個々に現物を見ていただいての結果となります。

ただし、プレタポルテでもボタンについているCCマークのラインストーンが2粒なくなった。といったものはオンライン(郵送)でも対応していただけます。

スカートの丈を2センチつめて欲しい。といったリクエストは受け付けてもらえますが、ピン打ちや、どこをどのようにするかなどの打ち合わせがありますのでオンラインでなくブティックでの対応となります。

2cmの丈詰めは大丈夫でもデザインが変わってしまうような大幅な丈のつめ、裾さばきがよくなるための裏地をつけて欲しいは受け付けてもらえても、シースルーのブラウスに裏地を。とか
袖のボリュームを少なくしてほしいなどのリクエストはデザインが変わってしまいますので受け付けていただけない可能性が高いです。こちらもティックでご相談されてみてください。

オンラインリペアのお申込み

≪受け付け≫ 先ず、シャネルのWEBサイトにアクセスして、お修理品の概要など必要項目を入力します。

→ シャネルリペアサービス

↑こんな入力フォームです。

 

≪発送≫ 受付完了メールが届きますので、指示に従ってメールに記載してある宛先にお修理のお品物を梱包して発送します。

273-0045 千葉県船橋市山手1-1-5 シャネル合同会社 シャネルファッションリペアサービス

≪お見積り≫ シャネルに商品が届きますと、商品受け取りのメール、その後10日ほどしてお修理金額の見積もり連絡がメールで届きます。

お修理にかかる金額を確認してメールを返信したら、お修理作業のスタートとなります。

≪出来上がり≫ 2週間から4週間ほどで お修理が終了しますと完了メールが送られてきます。その後お修理代金引換で商品が配送されます。

お修理の概算金額

送って見積もりしてもらったけれど、思っていたより高額でこの金額ならお直ししない。という判断はもちろんご自由ですが、お時間のロスやお品物は移動しますのでお送りする送料が無駄になってしまいます。事前に概算の金額リストを個別に送っていただけますが項目が少ないのでほとんど漠然としたものですがご参考までに転載しておきます。






レザーのステッチがほつれてしまった。 → こちらは対応していただけると思います。

 

このようなレザーの擦れや汚れは経年のものですので対象外となると思います。

 

 

時間の経過で心配になるパールのネックレスの糸替えもOKです。

 

 

はげたビーズも大丈夫です。

 

 

(2020年2月時点の参考です)

こちらの記事はあくまでもこれまでの体験に基づいて書きました。随時変更になる場合がございます。具体的なお修理のご相談はシャネルのオンラインサイトにてご入力フォームにてお問合せください。またマナーを守ってお問合せお願いいたします。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お買取はセブンヨークへお任せください

無料宅配買取キットお申し込み
Top